新入社員研修で持ってきてもらうべきもの

絶対忘れちゃいけないもの

新入社員研修、ドキドキですよね…。受けるほうも開催するほうも緊張していることと思います。 そこで、今回は新入社員研修で持ってきてもらうべきものをまとめましたので参考にしてください。 まず忘れてはいけないもの、「筆記用具」です! 職場にもよりますが、たとえIT企業といえどメモ帳とボールペンは必須です。 スマートフォンで写真をとったり録音したりする新人もいないとは限りませんから、念には念を入れて伝えておくべきでしょう。デジタルネイティブの新人たちがこれからどんどん来ますので、何が起こるかわかりません。 さもなくば、「言われてなかったので…」と新人に言われてこちらががっかりしてしまいますよ。失望から研修をスタートしないよう、確実に伝えておきましょう。

用意できればあると便利なもの

一般的な企業の新入社員研修では、ビジネスマナーから入ることが多いと思います。 そこであると便利なものは「名刺入れ」です! 卒業祝いやプレゼントで貰う新入社員も多いかもしれませんね。名刺入れが無くても練習自体はできますが、やはり実際にお客様の前で初めて名刺交換する際はたどたどしくなってしまうものです。 なるべくなら新入社員研修で名刺交換の練習をする際、実際の名刺入れがあると名刺交換の際の動きや名刺の渡し方でより確実な練習ができます。 持っていない人にわざわざ用意しておいてほしいと伝えるのは、余計なことのように思われるかもしれませんが、どちらにしても必ず使うものですので、出来れば準備しておいてもらうほうが良いでしょう。