中堅社員研修が重要な理由

管理職へのキャリアアップにつながる

中堅社員を対象とした研修が重要な理由として、日々の仕事の取り組み方について見直しができるだけでなく、管理職へのキャリアアップの観点からも大きなメリットがあります。大手企業の中には、中堅社員のキャリア形成のために、定期的に業務研修を実施したり、業務に関連する資格試験のサポートをしたりするところも少なくありません。また、業者によっては、中堅社員が自分の役割を認識して仕事に取り組むうえで、職場内の上司からのフォローだけでは不十分なことがあるため、日時を決めて外部の講師による研修の機会を設けることも大事です。その他、中堅社員研修を意義のあるものとするには、中堅社員の直属の上司にヒアリングをしたり、人事担当者が率先して適切な研修のテーマを選んたりすることが肝心です。

離職率の低下を防ぐこともできる

仕事内容や人間関係などの悩みを抱えている中堅社員は全国の企業に多くいますが、数か月おきに中堅社員研修を実施することで、離職率の低下を防ぐことが可能です。例えば、座学だけでなくグループワークやプレゼンなどの様々な研修を受けたり、研修の合間に色々な部署で働くスタッフとコミュニケーションを取ったりすることで、仕事上の問題解決につながることもあります。また、中堅社員の年齢や勤続年数、勤務成績などに応じて研修のプログラムを作成して、より効果的な研修を行うのも良いでしょう。なお、中堅社員研修の必要性は、業種や従業員の人数、業務内容などによりますが、理想的なタイミングで研修を実施するために、定期的に中堅社員の考えを聞く機会を設けることが大切です。